9月12日、刈谷球場で行われた第1試合、桜台−碧南の観戦記です。
2020年の高校野球の最初の公式戦観戦となった試合。
公立同士、拮抗したチーム同士の対戦となりました。

桜台
000000003|3 H10 E3
00201102X|6 H11 E0
碧南

桜台
星子−中野
碧南
市古−大岩

投手成績
桜台
星子(1) 8回 104球 被安打11 四球1 三振5 失点6(自責点4)
碧南
市古(1) 9回 116球 被安打10 四球0 三振3 失点3

星子投手は左のオーバーハンド。まっすぐは110km台ですが、変化球のコントロールが良く、安定感のある投球が特徴。
市古投手は右のオーバーハンド。120km台のまっすぐ。こちらもコントロールが良く無四球は素晴らしい。

桜台
9藤田 4佐藤駿太 2中野 1星子 6三浦 7酒井→H川良林(15) 8荻原→H柳生(19)→8 3岩田→H福谷(13)→3 5中村
碧南
8小林(11) 4宮原 6橋山 9金丸 1市古 3甲斐(13) 7山田 2大岩(5) 5磯貝(14)

(試合経過)
3回裏、2死2,3塁から4番金丸の2点タイムリー。碧南が2点先制。
5回裏、1死1,3塁から4番金丸のセーフティスクイズ成功。3ー0
6回裏、2死3塁から9番磯貝のタイムリー2ベース。4ー0
8回裏、1死2塁から7番山田のヒットにエラーが絡み生還。2死3塁から9番磯貝のタイムリー。6ー0
9回表、1死2、3塁から7番柳生のタイムリー。1死2、3塁からワイルドピッチで1点。1死3塁から8番福谷の犠牲フライ。6ー3
碧南が逃げ切りました。

碧南がチャンスを確実に活かして快勝。4番の金丸選手が3回に2点タイムリー。5回にはセーフティスクイズを成功させ3打点と大活躍となりました。
投げては市古投手が無四球でしっかりと打たせて取る投球が出来て8回まで無失点。最終回にピンチを迎えたもののセンター小林選手のナイスプレー等でしのぎ切りました。
桜台はランナーは出すもののなかなかチャンスを広げられず。バントは決めたものの後が続かなかった。いい当たりが好捕されるなど打球運も無く、終盤盗塁を積極的に仕掛けチャンスを広げたものの、仕掛けが遅かったのが悔やまれます。エラーが余分な失点につながったのも痛かった。

ピックアップ選手等はこちら