7月30日に霞ケ浦第一球場で行われた四日市大−鈴鹿大のOP戦の感想です。

四日市大
101000600|8 H15 E1
100003000|4 H5 E2
鈴鹿大

四日市大
角井(3)、飯田(2)、伊東(0/3)、鈴木(2)、吉村(2)−賀本、中田
鈴鹿大
岡崎(3)、碩(2)、高井(1)、増山(1)、北村(2)−今村、大森

(試合経過)
1回表、1死満塁から5番賀本がタイムリー。四日市大が先制。
1回裏、1死2塁から3番前田のタイムリー2ベース。1−1
3回表、2死2,3塁から8番川東がタイムリー内野安打。2−1
6回裏、無死満塁から3番前田が押し出し四球。1死後5番松本が2点タイムリー2ベース。鈴鹿大が逆転。4−2
7回表、1死1,2塁から5番中田がタイムリー。代打萱野のタイムリー。2死満塁から9番岡部に押し出し死球。1番西野の走者一掃の3点タイムリー2ベース。一挙6点で再逆転。8−4

四日市大が勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら