7月12日に一宮球場で行われた小牧−愛知黎明のTV観戦記です。

小牧
0000030000|3 H5 E1
0000030001|4 H9 E4
愛知黎明

小牧
片山−新岩
愛知黎明
宮田、神谷、櫛田−服部

投手成績
小牧
片山(1) 9回1/3 128球 被安打9 四死球5 三振4 失点4(自責点3)
愛知黎明
宮田(1) 6回1/3 96球 被安打5 四死球2 三振6 失点3(自責点1)
神谷(12) 1回2/3 18球 被安打0 死球1 三振0 失点0
櫛田(13) 2回 11球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
小牧
6高木 4前田 5五十君 3清水 2新岩 8味岡 1片山 9安田 7吉田
愛知黎明
6大宮 7城→7早川 5都嶋 3中野 8鈴木 9山本 2服部 1宮田→H高林→1神谷→1櫛田 4奥山

(試合経過)
6回表、無死1,2塁から2番前田がドラッグバントを決めて1塁への送球が逸れてタイムリーエラーに。2死2,3塁から5番新岩がショートへタイムリー内野安打。送球が逸れる間に2塁ランナーもホームイン。小牧が3点先制。
6回裏、2死2塁から5番鈴木のレフト線に落ちるタイムリー2ベース。6番山本がレフトへ特大の2ランホームラン。すかさず同点。3−3。尚も2死1,3塁となり9番奥山の痛烈なレフトへの当たりをレフトが足を滑らせて転びながらも好捕。ピンチを脱します。
そのまま延長タイブレークへ突入。
10回表、1死2,3塁から2番前田の痛烈な当たりが1塁ライナーになり2塁ランナーが戻れず。小牧が得点ならず。
10回裏、4番中野が送って1死2,3塁とし、5番鈴木がファールで粘って6球目をライトオーバーのサヨナラタイムリー。愛知黎明が激闘を制しました。

詳しい観戦記はこちら