7月5日に岡崎球場で岡崎学園−岡崎工の好カードをTV観戦しました。

岡崎学園
0010100020|4
0010002101|5
岡崎工
(延長10回タイブレーク)

岡崎学園
兵藤、山田、細井−近藤
岡崎工
片上、柵木−山田

投手成績
岡崎学園
兵藤(10) 2回2/3 66球 被安打2 四死球5 三振1 失点1
山田(7) 6回1/3 107球 被安打6 四死球4 三振5 失点3
細井(1) 2/3 8球 被安打1 四球0 三振0 失点1(自責点0)
岡崎工
片上(1) 8回 122球 被安打6 四球5 三振4 失点2(自責点1)
柵木(10) 2回 42球 被安打2 四球1 三振4 失点2

岡崎学園
5野田 6安田 9加藤虎 7山田→1→7 3太田→H松村→3→3木村 4岩渕 2近藤 8松原 1兵藤→7鈴木→H小野→7→1細井
岡崎工
7近浦 6氏平 8松本 3溝内 2山田 4服部→H近藤 5田中 1片上→1柵木 9加藤優

(試合経過)
3回表、2死2塁から2番安田が1塁線を破るタイムリー。岡崎学園が先制。
3回裏、2死満塁から6番服部が押し出し四球。ここでピッチャー交代、山田。1−1
5回表、2死1,3塁から代打松村のタイムリー。岡崎学園が勝ち越し。2−1
7回裏、無死1,3塁から5番山田のスクイズ成功。1死2,3塁から2ゴロで1塁手と2塁手が交錯してランナー生還。岡崎工が逆転。3−2
8回裏、無死満塁から5番山田のスクイズ成功。4−2
9回表、1死1,2塁から3番加藤虎が2点タイムリー3ベース。同点。
9回終了。延長タイブレークへ。
10回裏、2死1,3塁から4番溝内が1,2塁間を破りサヨナラタイムリー。岡崎工が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら