7月3日に空見球場で行われた東邦ガス−永和商事ウイングの感想です。

東邦ガス
020020000|4 H8 E1
000004001|5 H5 E0
永和商事ウイング

東邦ガス
水田(5)、七島(1/3)、宮良(1 2/3)、坂本(1 1/3)−柴田
永和商事ウイング
小川(4 2/3)、安達(1 1/3)、高橋(3)−大川
※()はイニング数

(試合経過)
2回表、1死2,3塁から7番山中が2点タイムリー。東邦ガスが2点先制。
5回表、1死1,3塁から2番木村の犠牲フライ。2死1,2塁でピッチャー交代安達。4番若林がタイムリー。4−0
6回裏、1死1,3塁からワイルドピッチで1点。1死3塁から1番中尾のタイムリー。1死2塁から2番大川のタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代宮良。3番築地のタイムリー。永和商事が追いつく。
9回裏、1死2塁から6番野口のタイムリー2ベースでサヨナラ。永和商事ウイングが勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら