6月23日にホンダALで行われたミキハウス−ホンダ鈴鹿の感想です。

ミキハウス
000000010|1 H4 E2
10000014X|6 H12 E0
ホンダ鈴鹿

ミキハウス
真田(5)、澁谷(2)、間津(1)−井上、高森
ホンダ鈴鹿
八木(5)、福島(1)、松本(1)、主島(2)−西川、上野
※()数字はイニング数

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番西川がボテボテの内野安打がタイムリーとなり1点。1−0
7回裏、1死1,3塁から9番鈴木の3ゴロを弾いてタイムリーエラー。2−0
8回表、2死2塁から2番立花がタイムリー。2−1
8回裏、2死2塁から6番西村がタイムリー。2死1,2塁から8番西林が2点タイムリー2ベース。9番鈴木がタイムリー2ベース。この回4点。6−1
ホンダ鈴鹿が勝ちました。

詳しい感想はこちら