NHKマイルカップ GI 東京1,600m 3歳
1着 ラウダシオン 1.32.5
2着 レシステンシア 1 1/2
3着 ギルデッドミラー 3/4
4着 タイセイビジョン ハナ
5着 ルフトシュトローム 1 1/4

人気のレシステンシアが逃げる予想通りの展開。勝ったラウダシオンは2番手。行った行ったの競馬になりました。
ラウダシオンは9番人気。勝ち鞍が1,400mまでしかなく人気の盲点になっていた感じ。左回りは良績あるし、重賞で上位に来ていた馬ですから力はあるんでしょうけど、こういう馬を買うのは難しい。
人気馬にルメールが乗っていて、マークするのはミルコ。こういうシチュエーションではミルコが燃えるんでしょうね。
レシステンシアは府中だとさすがに直線長いかな。タイムも身体もギリギリだったかもです。立て直して秋に期待。
タイセイビジョンは3着に入ってほしかった・・・。複勝持っていただけに^^;
ギルデッドミラーは内から上手く抜けてきました。こちらはアーリントンC3着から。段々整備されてマイルCも面白くなってきましたね。
馬券は難しいです(笑)

京都新聞杯 GII 京都2,200m 3歳
1着 ディープボンド 2.11.7
2着 マンオブスピリット クビ
3着 ファルコニア 1 1/2
4着 アドマイヤビルゴ 1/2

圧倒的人気の無敗馬、アドマイヤビルゴ中心に展開したレース。
割と前早めで推移し、離れた4番手のアドマイヤビルゴは横綱相撲を取りにいって4角を外から先頭へ。ただ、ペースが速く、意外と余力がなく伸びきらないなか、虎視眈々と後ろに付けていたディープボンドとマンオブスピリットが交わしていった形に。
ディープボンドの和田騎手は相手を決めてレースをすると強いですね。馬も間を割って出る強さがありました。皐月賞10着からの巻き返しは見事。ダービーは厳しいかもですが。
内に切れ込んでアドマイヤビルゴに先着したファルコニアも上手かったですけど、それに負けたアドマイヤビルゴはまだまだこれからの馬ということでしょうね。

プリンシパルステークス(L) 東京2,000m 3歳
1着 ビターエンダー 1.59.8
2着 ポタジェ クビ
3着 ディアセオリー 2 1/2

ダービートライアルで切符は1枚。
落ち着いた流れで上がりが33秒台ということなのでヨーイドンの競馬。
上手く内から流れに乗ったビターエンダーが勝ちました。こちらも皐月賞組で14着からの巻き返し。
ポタジェは上がり最速で追い込んできたのですが・・・。力はある馬ですが厳しい首差でした。

こうして見ると皐月賞組のレベルが高かったことが分かります。ダービーも皐月賞組で決まりそうですね。

新潟大賞典 GIII 新潟2,000m 4歳上ハンデ
1着 トーセンスーリヤ 1.58.6
2着 アトミックフォース 1 1/2
3着 プレシャスブルー 3/4
4着 ブラヴァス ハナ
6着 レッドガラン

ハンデ戦は前走1着。結果このレースの1,2着ともにその法則が当てはまってます。
ただ、前走1着が多いと判断が難しくて・・・。
トーセンスーリアは条件上がりですけど、近走は全て3着以内と安定。横山和騎手はそのほとんどに乗っていて自信があったかもですね。強い内容で次のレースも楽しみ。
逃げたアトミックフォースが2着。サウスポーですね。4歳で上積みありそう。
上がり最速で3着に突っ込んだプレシャスブルーは人気薄で3連単は付きました。
内の馬場もいいと前が止まらないですね。