日本相撲協会は25日、高田川親方(元関脇安芸乃島)と十両白鷹山(高田川)が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示したと発表した。このほか、幕下以下の若い衆4人の感染も確認されたことも明らかにした。4人の力士名と所属部屋は公表しないという。(日刊スポーツより)

相撲の高田川親方以下、部屋の関取、白鷹山や若い衆とコロナ陽性。

どれだけ気を付けていてもかかりますよね・・・。

夏場所は力士のリフレッシュも兼ねて中止はありかなって思っていますが、コロナが発生したから中止、ではなく、そこをしっかりと乗り越えて、実施に向けて取り組む、という形を取ってほしいですね。

競馬でも発生しましたが、それでも実施していることはとてもいいこと。もうかかることは前提で、その中でどう広げずに防ぎながら、色々な取り組みや活動を行うかを考えてほしいです。