京都4Rの未勝利戦に出走したレッドルピナス号は直線前目に付けて粘るも、最後粘り切れず4着に。

まぁまぁペースが速く、それでいて前の馬が止まらない感じ。それでも2着は確保したかったレースでした。

馬体が6垳困辰討い燭蝓△笋筌僖鵐蘇埖を感じるレース。道中ちょっと力んで走っていたので、もう少し落ち着いて走れる距離のがいいのかも、と感じました。

次走どうするか注目ですが、馬体的に成長が欲しい感じですね。