3月18日、岐阜協立大Gで行われた岐阜聖徳大−岐阜協立大(B戦)の結果、感想です。

岐阜聖徳大
000000001|1 H2 E0
00000301X|4 H8 E2
岐阜協立大

岐阜聖徳大
深澤、河村、塩野入、長井、長井−青野
岐阜協立大
林、渥美、山田、仲座−菅沼、(22)

(試合経過)
6回裏、1死1,3塁から1番小村のタイムリー2べース。2死2塁から2番南のタイムリー。代打のタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、長井。岐阜協立大が3点先制。
8回裏、1死3塁から2番南の遊ゴロの間に1点。4−0
9回表、2死2塁からタイムリーエラーで1点。4−1
岐阜協立大が勝ちました。

岐阜聖徳大の深澤投手、長井投手、岐阜協立大の林投手、渥美投手、山田投手の好投が光りました。
協立大の1番小村選手は3安打で2ベース、3ベースと大当たりでした。