3月3日、三菱大府Gで行われた永和商事ウイング−三菱自動車岡崎の感想です。
この日は5回裏くらいからの観戦でした。

永和商事
000200000|2
03201000X|6
三菱自動車岡崎

永和商事
木山、澤田、高橋−加藤、大川
三菱自動車岡崎
秋山、北畑、坂巻−西川、伊藤

(試合経過)
2回裏、1死1,2塁から7番田口の2点タイムリー2ベース。2死3塁から9番冨澤のタイムリー。三菱自動車岡崎が3点先制。
3回裏、無死1,2塁から3番中野のタイムリー2ベース。1死2、3塁から5番福永の犠牲フライ。5−0
4回表、1死2,3塁から6番萩元の内野ゴロの間に1点。2死3塁から7番坂本がタイムリー。5−2
5回裏、1死から5番福永のホームラン。6−2

三菱自動車岡崎が勝ちました。

永和商事は最後2イニングをエース高橋投手がマウンドに上がり、7回裏はピンチを背負いました(1死2,3塁)が無失点で切り抜けました。今年は2番手の澤田投手など新人も入り、兼任コーチという立場ですがやはり高橋投手の力は必要だと思いますので、頑張ってほしいですね。

三菱自動車岡崎は福永選手がこの日ホームランを放ち、さすがの打撃を見せました。
要所で長打も出ますし、メンバーも各試合で入れ替わっていますが、打線は好調。というか強力ですね。
中野選手はそんな中フル出場が続き、この日はタイムリー2ベース1本。プロから声がかかるくらいの活躍を期待したいですし、チームとしても後押ししているんでしょうね。頑張ってほしい。