2月24日に名城大Gで行われた永和商事−名城大のOP戦の感想です。

永和商事ウイング
200000010|3 H3 E0
00042000X|6 H12 E3
名城大

永和商事
安達、澤田、木山−加藤
名城大
伊藤、川口、眞田、大西−野口

(試合経過)
1回表、1死満塁から5番築地の犠牲フライ。6番竹馬の変な回転のかかったピッチャーゴロを逸らし記録タイムリーエラー。永和商事が2点先制。
4回裏、1死2,3塁から7番舟橋のタイムリー内野安打で1点。8番大葉の2点タイムリー2ベースで逆転。更に2死1,3塁から2番小林のタイムリー2ベース。4−2と名城大が逆転に成功。
5回裏、2死3塁から7番舟橋の2ランホームラン。6−2
8回表、1死2,3塁から8番藪の1ゴロの間に1点。6−3

名城大が勝ちました。

永和商事ウイングは昨年は新人が0でしたが、今年は移籍も含めて6人が入っています。
1番の西田選手はノーヒットでしたが、守備ではいい動きでボールをさばいていました。4番の二神選手はヒット1本。
投手も安達投手、澤田投手がルーキーで登板。結果は明暗分かれましたが、この時期ではまずまずのボールが来ていました。
今年は秋が都市対抗ですし、新戦力で底上げを図っていってほしい。

名城大は1番の水谷選手、2番の小林選手がマルチ。4番にキャッチャーの野口選手が入り、鋭い打球を打っていました。
5番の谷村選手が4回に12球粘りに粘って四球を勝ち取るなど、やれることをきちんとやる姿勢は好感が持てます。

7番の舟橋選手は3安打でホームランも見事な当たり。打順は流動的だと思いますが、かみ合えば怖い打線になりそうです。

投げる方はインパクトがあったのは眞田投手。この時期でMAX146kmをマーク。ただ、まっすぐがばらつき、安定感に欠く内容でしたが、変化球を交えていけば問題なさそう。

大西投手も高校時代とは比べ物にならないくらいがっしりとして、球威も上がっていました。

投手陣の競争は激しそうで、リーグ戦にどの投手がマウンドに立つか、注目ですね。