2月23日に東学大Gで行われた星城大−東海学園大のOP戦の感想です。

星城大
000010000|1 H4 E1
000000000|0 H5 E3
東学大

星城大
澤田−山田大我
東学大
浦野、稲葉、高木、増山、今野−塩坪、倉田

(試合経過)
5回表、2死1,3塁から3番山口のタイムリー。星城大が先制。

星城大が勝ちました。

星城大は澤田投手が完投勝利。最後まで危なげないピッチングで、球威も落ちませんでした。無四球(死球1)も立派。シーズンが楽しみになりますね。
山田大我捕手の好リードも光りました。8回には盗塁を見事に刺しましたし。去年は出番が少なかったですが、最終学年、力はありますし、活躍してほしいです。
ショートの望月選手の守備の上手さも光りました。
1番松見選手は2安打と活躍。

東学大は元々継投で勝つチームですが、この日も5投手でリレー。浦野投手、高木投手、今野投手はボールに力があって、さすがという投球を披露。
打つ方では清水選手と吉田悠選手がマルチ。
新1年生では鈴木選手がスタメンからフル出場。ヒットはなかったですが、守備でいい動きを見せていました。