戦後初の3冠王となり、指導者としても3度の日本一に輝いた名将、野村克也さんが11日午前3時半、虚血性心不全のため死去した。84歳だった。南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天を指揮。「月見草」「生涯一捕手」「ID野球」「再生工場」に“ぼやき節”。多くのフレーズに彩られた野球人生は日本のプロ野球史に多大な足跡を残した。(スポーツ報知より)

野村さんの現役の頃は知りません。
ヤクルトの監督になってから、すごい監督さんだな、と思ってみていました。

ああやってぼやくのは周りは大変なんだろうな、と思いながらも、結果を出し、選手を活かすのはすごいですし、阪神、楽天では苦労した印象ですけど、その後にチームが上向いたのは野村さんの功績も大きかったんだろうな、と。

どちらかといえば食わず嫌いをして、野村さんの著書は読んできませんでしたが、一度読んでみようかと思います。

今のパリーグ人気が当時あったら、もっと騒がれたんだろうな、と成績見ると改めて思います。
選手、監督、両方ですごかった稀有な存在。

また、奥さんも色々言われた方でしたけど、この人にとっては必要不可欠な方だったんだな、と改めて実感する亡くなり方でした。

衰え方が異常でしたもんね。

でも、長い闘病で、とかではなくあっけなく亡くなられる方は、徳があったんだろうな、と個人的には思います。

ご冥福をお祈りします。