1月30日にパロマ瑞穂球場で行われた小林クリエイト−パナソニックSUNXの観戦記です。
小林クリエイトはこの試合勝つか引き分けで優勝という中での試合でした。

小林クリエイト
000001000|1 H5 E1
000000000|0 H1 E1
パナSUNX

小林クリエイト
田中−古瀬
パナSUNX
東郷−隅元

(出場選手)
小林クリエイト
6浜崎 4葛西 6小杉 2古瀬 9大西 7世古口→坂乃下 5近藤 3濱元 D竹内
パナSUNX
8山田 2隅元 6柴山 9伊藤 5萩野 3池本 7赤野 D井戸 4白木

(試合経過)
3回表、先頭の濱元大希(豊川−愛産大)が2ベース。しかし9番の竹内達哉(愛産大工−星城大)が送りバントを失敗。後続も倒れ得点ならず。
4回裏、1死から4番伊藤裕貴(大府−中京大)がチーム初ヒット。5番萩野翔太郎(天理大)が送ってチャンスを作るも6番が倒れ0点。
6回表、先頭の9番竹内達哉がエラーで出塁。1死後2番葛西優宏(三好−日福大)の3塁強襲のタイムリー2ベースで小林クリエイトが先制。
9回裏、1死から死球で出塁も牽制でアウトに。後続も倒れ試合終了。
田中眞人が完封。小林クリエイトが30年ぶりの優勝を飾りました。

詳しい観戦記はこちら