東海理化の川脇投手が今年度限りで勇退するとツイートが流れてきました。

今年で36歳。高卒ですから18年目のシーズン。そういう決断は少しも不思議ではないのですが、今シーズンは見た時は毎回キレキレのボールが来ていて、ここ数年では一番良く感じる球を投げていて、しかも来年は立野投手が抜けるので、来年は少なくともやると思っていたので驚きました。

それでも、キレキレだったのは今年が最後と決めていたからかもしれませんし、立野投手がプロに指名されて、間違いなく投手陣は変わらなければならないタイミング。そこが辞め時、と考えたかもですね。

初めて川脇投手を見たのは、2008年の東京ドームでの都市対抗本戦、熊本ラークス戦でした。
この時で38年ぶりの都市対抗本戦だったんですよね。このころはまだ社会人野球見始めで、その重みが分かってなかったですが・・・。佐竹投手(トヨタ)が補強で投げてるってのも今となっては、ですね。同じ歳ですし。

自分にとって最後の観戦登板になった秋の選手権予選。見れて良かったな、と思います。

お疲れ様でした。


DSC_1102_1