日本28−21スコットランド

最後の30分が本当に長かった。

正直、後半始まってすぐ日本がトライを取ってボーナスポイントを獲得したうえで28−7になった時点でスコットランドは心折れるかな、と思っていました。
そこからスコットランドが決勝に行くには4トライ以上取って、日本に8点以上点差を付けなきゃいけないのだから。

ただ、そこからのスコットランド代表の素晴らしいこと。日本も別にパフォーマンスが落ちたわけではないのに、とにかくスピードを上げてトライを狙う、反則をしない、ここぞで相手ボールを奪う。これがティア1と言われた伝統の強豪チームなんだな、と改めて教えられる力を発揮してきました。

もう敵ながらあっぱれというか、これが自国のチームなら、誇りすら感じるプレーの連続でした。それが強豪国のプライドなんでしょうね。

それをはねのけて勝ち切った日本代表も素晴らしかった。最後まで集中力が途切れなかったし。引き分けでもOKで守り切った強さは、きっと決勝トーナメントでも生きてきますよね。

決勝トーナメントは南アフリカと。前回阻まれたスコットランドに勝って決勝トーナメントを決め、そこで前回歴史的勝利を挙げた南アフリカと当たる。筋書きが出来上がっていたような形になっていますね。

日本代表には新しい景色を見せてもらって感謝ですが、もう一つ、欲張って景色が見たいですね。

とにかく頑張ってほしい。TVの前からですが、精一杯応援したいですね。