日本19−12アイルランド

前回大会で南アフリカを破り、奇跡を起こしたと言われた日本。

前回のその試合でもしっかりと準備を進めて、その結果の“奇跡”だったと思いますが、今回のアイルランド戦はそれ以上に内容でも相手を仕留めての勝利。
世界2位を破った、という結果だけは奇跡ですけど、内容は本当にそれに値する、素晴らしい試合だったと思います。

試合前から、日本代表の外国人選手たちがしっかりと君が代を歌っている姿に感動。

相手のキックパスからのトライで3−12まで広がりましたが、そこからもしっかりと相手の攻撃を止めて、攻撃する姿勢で前半のうちに9−12まで詰める。

この時点で前回の南アフリカ戦も前半は10−12だったので、チャンスあるかも、と思っていました。

後半に入るとアイルランドは暑さと前半走らされた影響で動きが止まってきて、日本がボールを保持する時間が増える。

姫野選手の素晴らしいジャッカルに泣きそうになる。

逆転トライ。最後まで集中力が途切れない選手たち。

アイルランドが最後ボーナスポイント1点を選ぶしかないくらい、追い込んだのは本当に素晴らしかったです。

もちろん感動しましたし、何度も泣きそうになりました。でも、これくらい日本代表はやれるんだ、準備してきたんだ、というのが伝わってきて、そこに感動しました。前回の南アフリカ戦とは違う感動でしたね。

アイルランドは暑さにもやられた気がします。自国開催の優位さを活かした戦いでした。

これで現状首位に立ちましたが、まだまだ残り2戦あります。決勝トーナメント行けるように、頑張ってほしいですね。新しい景色が見たい!