中日3−1巨人

梅津は球数が多い中でなんとか粘っていました。早めの投手交代はここ数試合は定番。リリーフが頑張っているので、なんとか終盤勝負に持ち込めるという典型的な試合でした。

で、ひっくり返せたのは1チャンス。こういう試合がもっと前から出来ていたら、と思いますが、ここに来て出来ていることを評価するべきかな。

しかし、自力CSの可能性があるとはいえ、残り8試合で8勝が条件。ほとんど奇跡の状況ですよね。
それでもCSを目指す戦いをするべきなのか・・・。でもまぁ、ここ数年の状況を考えれば、可能性がある限りは全力で、という戦いをした方がいいのかなぁ。

CSの功罪なんでしょうけどね。どこまで勝敗度外視をしてでも使うことを考えるのか。逆にCSの可能性があるところで若手を使うことで大きな経験値を得るとも思えるのですが・・・。

まぁCSは置いておいて、5割を目指すことはいいこと。結果4位としても5割までいければ来年に自信になるし。それでも7勝1敗が必要なので、難しいと思いますけどね^^;