9月18日にナゴヤ球場で行われたウエスタンリーグの中日−オリックスの観戦記です。
シーズン終盤戦。来季以降に期待したい選手に注目して観戦しました。

オリックス
000004120|7 H13 E1
211000001|5 H10 E3
中日

オリックス
鈴木優、小林、成瀬、東明、澤田、漆原−稲富、飯田
中日
ロメロ、福谷、田島、鈴木博、佐藤、石田、浜田智−石橋、杉山

投手成績
オリックス
鈴木優 3回 71球 被安打6 四球2 三振3 失点4
小林 2回 32球 被安打1 四球1 三振2 失点0
成瀬 1回 8球 被安打0 四球0 三振1 失点0
東明 1回 9球 被安打0 四球0 三振0 失点0
澤田 1回 13球 被安打0 四球0 三振1 失点0
漆原 1回 20球 被安打3 四球0 三振0 失点1

成瀬投手はオリックスにいたんですね。すっかり抜けていました^^;1回を抑えましたが、球威的には130km台前半。どうなるかな。
澤田投手は立教大以来の観戦でした。MAX144km。頑張ってほしいなぁ。
漆原投手は育成ですが抑えをやっていて、この日はMAX148km。支配下も近そうな投手。

中日
ロメロ 4回 69球 被安打2 四球1 三振0 失点0
福谷 1回2/3 60球 被安打5 四球1 三振1 失点4(自責点3)
田島 1/3 1球 被安打0 四球0 三振0 失点0
鈴木博 1回 26球 被安打3 四球1 三振1 失点1
佐藤 1回 22球 被安打3 四球0 三振1 失点2
石田 2/3 15球 被安打0 四球0 三振0 失点0
浜田智 1/3 2球 被安打0 四球0 三振0 失点0

ロメロはMAX152km。まぁ2軍でどうこういうピッチャーじゃないですね。
福谷は最近見た中では一番悪かった。MAX146km。追い込んでから打ち取れない。
鈴木博志はMAX149km。こちらも良くなかった。
佐藤も良くなかった。ボールの切れが無かったように感じます。MAX145kmくらい。
石田がリリーフの中では一番良かった。MAX146km。来年は支配下になってほしいな。

(試合経過)
1回裏、1死1塁から3番根尾がタイムリー2ベース。2死2塁から5番井領がタイムリー。中日が2点先制。
2回裏、2死1塁から2番三ツ俣がタイムリー2ベース。3−0
3回裏、1死から井領がソロホームラン。4−0
6回表、無死1、2塁から5番マレーロがタイムリー2ベース。6番杉本がタイムリー。更に1ゴロを弾いてタイムリーエラー。2死1、3塁から1番根本のショートゴロをタイムリーエラー。ここでピッチャー交代、田島。4−4
7回表、2死満塁から7番稲富のタイムリー。2塁ランナーはホームタッチアウトに。5−4
8回表、1死2,3塁から2番山足が2点タイムリー。7−4
9回裏、1死1,3塁から2番亀澤がタイムリー。7−5
オリックスが勝ちました。

中日の高松は3−1。大分振れるようになってきた。
三ツ俣は3−2、1四球。下でどうこう言う選手じゃないですよね。
根尾は5−1。最初の打席でクリーンヒットのタイムリー2ベース。打席で粘れるようになってきたし、速い球にも付いていけるように。上を体験させるにはいい時期だと思う。ただ、守備はやっぱりショートは厳しい。2塁か外野か。早めの判断を。
井領がホームランを含む2安打2打点。代打で上に置きたい。
石橋は2四球。打席で粘れるのがいいですね。

高松も良くなってきているだけに、根尾とどうしていくかを考えないとですよね。どっちかは外野になると。そうなると、根尾かなぁ。

DSC_0799_2
DSC_0872_2
DSC_0996_2