中日1−7阪神
中日3−0阪神

大野投手がノーヒットノーランを達成。中日では山井投手以来6年ぶり。ナゴヤドームでの達成は山本昌さん以来の13年ぶり2回目とのこと。

昌さんの時と本当に似ている状況で、点数も同じ3−0。阪神戦。エラーでパーフェクトは途切れるも(昌さんの時は森野)、その京田らの好プレーで達成。9月の半ばの土曜日というのも同じでした。

ただ1点、違うのは、昌さんの時は優勝争いをしていて1位の中日が2位の阪神に肉薄されている中で、眼下の敵から達成したというシチュエーション。
今回はぶっちゃけ4位と5位の消化試合。そこが大きな違いでした。もちろん記録は立派ですけど、そういう優勝争いという中での記録、とまではいかなくてもそういう試合をやれる状況をチームとして作れるように早くなってほしいですよね。

大野投手はもし森政権があと1年続いて、朝〇コーチが残っていたら、間違いなく干されて今年で中日を退団していましたよね。人の運命のアヤというか、流れで人生も変わりますね・・・。大野にとっては良かったですよね。

残り11試合。来季を見据えながら、一つでも勝てるようにしていってほしいですね。あとは個々の記録。大野投手は2桁目指してあと1つ勝てるように頑張ってほしいです。