8月23日にナゴヤドームで行われたウエスタンリーグ公式戦、中日−ソフトバンク戦の観戦記です。

ソフトバンク
001001000|2 H6 E1
000000001|1 H4 E0
中日

投手成績
ソフトバンク
杉山 3回 43球 被安打3 四球0 三振2 失点0
渡辺健 3回 39球 被安打1 四死球2 三振1 失点0
泉 1回 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
加治屋 1回 9球 被安打0 四球0 三振2 失点0
川原 1回 20球 被安打0 四球1 三振2 失点1
中日
福谷 4回 54球 被安打3 四球0 三振4 失点1
鈴木翔 1回 16球 被安打1 四球1 三振2 失点0
鈴木博 1回 13球 被安打1 四球0 三振0 失点1
木下雄 1回 14球 被安打0 四球0 三振1 失点0
佐藤 1回 6球 被安打1 四球0 三振0 失点0
谷元 1回 10球 被安打0 四球0 三振2 失点0

(試合経過)
2回表、先頭の長谷川勇の2ベースから1死3塁となるも、6番三振、7番3ゴロで福谷が踏ん張る。
2回裏、2死から石川駿のヒット、伊藤康のヒットとエラーで2死2,3塁となるも8番高松が1ゴロに倒れ0点。
3回表、2死3塁から2番三森の1ゴロで少し1塁ベースカバーが遅れ判定セーフとなり、タイムリー内野安打。ソフトバンクが先制。
4回裏、1死1,2塁から7番伊藤康の3直で2塁ランナー戻れずゲッツー。
6回表、1死から3番釜元がライトへホームラン。2−0
6回裏、1死から3番根尾がヒット。4番石垣の6−4−3のゲッツーで0点。
8回表、先頭の9番増田が2ベースを放つも後続が倒れ追加点ならず。
9回裏、1死3塁から4番石垣の2ゴロの間に1点。2−1
ソフトバンクが勝ちました。

ソフトバンクは杉山投手が先発。駿河総合−三菱重工広島出身のルーキー。MAX151km。ボールの威力は1軍クラス。ただ、セットになるとちょっと落ちる感じが顕著。そこが課題なのかな?
泉投手は金沢星稜大出身のルーキー。かなりの角度があり、148kmをマーク。1軍でも12試合すでに投げていますし、力がありますね。
加治屋、川原は上でも投げていて調整登板だったかな。やっぱりレベル高いです。

野手は長谷川勇選手が最初に2ベース。九鬼選手が2本のヒット。釜元選手のホームランは見事でした。
三森選手、増田選手ら甲子園を沸かせた選手も活躍。楽しみですね。

豊橋中央出身の谷川原選手は代打で凡退。今年は1軍で出番なし。頑張ってほしいな。

中日は福谷投手がMAX148kmで4イニング。十分可能性を見せました。
鈴木博志は153kmを投げたけど、ドームはどよめかず。ちょっと気の毒ですね。一発浴びたのも印象は悪い。ボールは悪くないと思うけど。
木下雄も150kmをマーク。
佐藤、谷元もまずまず。鈴木翔はMAX144km。この日のピッチングでは一番劣ったかな。

というか、中日の投手陣のボールは悪くなかった。1軍で使い道ありそうな投手たちでした。

打つ方は根尾がヒット1本。打席での拍手が別格。打球も速かった。
石垣も打席での拍手がグッと多かった。1軍でのヒットは大きな効果ですね。外野も無難にこなしましたし、上でスタメンで見たい。

石川駿が膝に死球を受けて退場。大きな故障にならなければいいですが・・・。

杉山が3塁手で登場。キャッチャーとして厳しい立場ですよね。なんでもこなしてチャンスをうかがっているんでしょうが。

高松は当てに行くスイングに見えてしまう。もっと振ってほしい。根尾は振っていますし。

伊藤康も内容が良かった。こちらは順調に伸びていますね。

すごいお客さんの数でした。ドームでやれる2軍戦というのは、夏場はもっと増やしてほしいですよね。ナゴヤ球場はやっぱり過酷ですし。応援の無い、静かな、それでいて歓声、拍手が響くドームというのはいいなぁと思いました。

DSC_1566
DSC_1702DSC_1814DSC_1828