エルムS G掘。1700m
1着 モズアトラクション 1分41秒9
2着 ハイランドピーク 1 1/2
3着 サトノティターン 1 1/4
7着 グリム

モズアトラクションは重賞初制覇。これまで2着はあったんですね。
ハイペースで流れて中団やや後方から差し切り勝ち。展開が向いたのもありますが強かった。5歳ですが晩成っぽい感じもありますし、ここから強くなるかもですね。
ハイランドピークは昨年のこのレースの覇者。今年3月に復帰してから低迷していましたが、ここで復活走。きっかけになるか。
サトノティターンは6歳ですがまだ11戦しかしていない馬。マーチSはフロックじゃないってことですね。
グリムの失速の仕方が良く分からなかった。武騎手もそんなコメントですし・・・。次のレースを見てみないとなんとも、ですね。

関屋記念 G掘1600m
1着 ミッキーグローリー 1分32秒1
2着 ミエノサクシード 1/2
3着 ソーグリッタリング アタマ
14着 ケイデンスコール

ミッキーグローリーが休み明けでしたが1番人気に応えて快勝。
レース見ると残り200までルメール全然追ってなくって、そこから追い出して外に出して差し切り。着差以上に完勝でした。あそこまできっちりと鮮やかに差し切るとは・・・。能力を相当高く見ているんだな、と思いますね。G1でも勝ち負け出来るかも。
ミエノサクシードは勝つ流れで最後たたき合いで抜け出したところにミッキーグローリーが飛んできた形。重賞初勝利まであと少しでした。堅実な馬ですけどね。
ソーグリッタリングもこれで重賞3着が連続2回目。そろそろタイトルが欲しいですね。
しかし、3歳で人気になっていたケイデンスコールは見せ場無く14着。今年の3歳はレベル低い説を持っていますが、段々確信に変わってきています。