5月15日に熱田球場に行ったら7回からの継続試合でこの試合が始まりました。
なので7回からの観戦記になります。

東郷製作所
012110011|7
010500003|9
大森石油

東郷製作所
8松田 7石井 6伊藤豪 3手崎 5小代田 4伊藤智 1加藤 9久保田 2橋本
大森石油
6財前 4平山 3高桑 7古川 9菱川 8近藤→H迫 5石坂 2山下→H堀井 1寺谷

(試合経過)
8回表、先頭の6番伊藤智が同点ホームラン。6−6と東郷製作所が追いつきます。
9回表、1死1塁から3番伊藤豪が2ベース。4番手崎を申告敬遠。5番小代田がタイムリーを放ち逆転。後続が倒れ1点どまりでしたが、東郷製作所が勝ち越し。7−6
9回裏、2死無走者からヒット性の強い1ゴロを弾き記録エラー、四球で2死1,2塁となり、代打堀井がレフトポール際に弾丸ライナーで飛び込む劇的な逆転3ランホームラン。大森石油が勝ちました。

終盤の3イニングだけでしたが、ドラマの多い試合でした。
9回表に逆転で勝ち越した時点で東郷製作所が勝ったと思ったんですけどね。
最後のホームランはレフト線の2ベースかと思った打球が飛び込みました。さすが熱田というホームラン^^;。ただ、入らなくてもタイムリーにはなっていたでしょうし、試合は決まっていたかなと思います。代打で決めた堀井選手が見事でした。

これだけの試合をすると大森石油のこの後も勢いが出そうですね。楽しみです。