5月2日に大垣北公園球場で行われた東邦ガス−鷺宮製作所の観戦記です。
最初、食事などに行っていて4回からの観戦記になります。

東邦ガス
004000001|5
000000010|1
鷺宮製作所

東邦ガス
小椋、水田−柴田
鷺宮製作所
西村、及川、川畑、大野、平川−長澤、弓削田、内野

東邦ガス
9上内 8大島 D小林満 3若林 5小野 7新村 2柴田 6金田 4飯田
鷺宮製作所
8竹原 6中山 9茶谷 D橋本 5保戸田 3吉濱 7酒井 2長澤 4田中

(試合経過)
6回裏、2死から3番茶谷が2ベースを放ち、鷺宮製作所はチーム初ヒットに。
8回裏、2死2塁から3番茶谷がタイムリー。4−1
9回表、1死2塁から3番小林満がタイムリー3ベース。5−1
東邦ガスが勝ちました。

東邦ガスはベストメンバーでのスタメン。その中で1年目の小林満平(中京大中京−法政大)が3番DHでスタメン。最後にダメ押しのタイムリー3ベースを放っていました。予選のキーになりそうです。

小椋投手が6回途中までノーノーの快投。かなり三振も取っていましたし、今年も健在というのを示しました。水田投手とのリレーはもう10年以上、東邦ガスを支え続けるリレーですよね^^;。
今年も大事な試合で魅せてくれそうです。