明日から愛知大学リーグが始まります。
自分なりに展望をまとめます。

中京大が優勝候補の筆頭。投手陣は大内投手(現三菱重工名古屋)が抜けましたが、他は健在。快速球の初祖投手を筆頭に山本、三輪、伊藤、香村ら好投手が揃っています。
野手も1部リーグナンバーワンショートの和田選手に、4番の松井選手、卒業した池田捕手(現ニチダイ)を差し置いて1年時マスクを被ったこともある福島捕手ら、主力が残っているので、経験を活かして突っ走る可能性も。
唯一、勝負どころで相手の絶対的エースに敗れる傾向があったので、そういう経験をどう活かすか。
どちらにしても力は頭一つ抜けていると思います。

2番手以下は混戦。
本来は昨秋優勝の名城大が優勝、もしくは2番手で上がるべきなのですが、大エース栗林投手(現トヨタ自動車)と宮津投手が抜けた穴がかなり大きい。
4年生の坂倉投手が中心になると思いますが、昨年1年間は不振。どこまで調子を戻しているか。2年生で大事なところでチームを救った池戸投手、オープン戦でいい球を投げていた大滝投手と両左腕の活躍もポイントになりそう。
野手は捕手で栄徳から野口捕手が加入。1年から使われるかは分かりませんが、ここがはまると安定した戦いが長く出来そう。2年生になるスラッガー、大川選手が楽しみです。

中部大は、昨年秋のリーグ戦をひっかきまわしました。上位2つ(名城大、中京大)から勝ち点を奪うも、序盤に3カード続けて他の3チームから勝ち点を落とすという不思議な形に。
ここは投手陣次第。野村投手が一時期大不振に陥っていましたが、オープン戦を見た限りでは復調気配。元々投球術にたけているタイプなので、勢いが戻れば勝ち切れると思います。
ここも2番手以降が問題。片塩投手が1年時の勢いを取り戻してきつつはありましたが、リーグ戦で結果を出せるか。ただ、新戦力が出てくる可能性もあるチームなので、それ次第かも。
打線は稲生選手、武市選手ら中軸が残っているので、力は発揮できそう。打線がカギとなって台風の目に再びなるか。

東海学園大が不気味な存在。昨年から複数投手を使って戦うスタイルになり、ピッチャーの酷使をしなくなりました。
また多くのピッチャーがマウンドを経験したことで成長。柱の木下投手は抜けましたが、カバーする投手はそろっていますね。下級生の時からマスクを被る村上捕手に期待。小柄ながら弾むように鋭い球を投げていた古田投手に個人的には期待。

愛工大が久しぶりに1部復帰。野手は4年生が多かったためかなり抜けた点は心配ですが、エース格の中村投手、新村投手が残っているので、投手陣はある程度戦えそう。
野手は1年生に名電から後藤選手や室田投手が加入。新戦力の台頭次第で十分上位進出も可能。

愛知学院大は監督が交替。それで新味が出せるかどうか。
投手は残留の立役者になった後藤投手、十河投手が抜けて、佐藤良投手、白木投手らが中心となりますが、ちょっと厳しい戦いになるかも。
福本選手らの野手陣と、目の前の試合をきっちりと勝てるか。何にしても新監督の手腕に期待ですね。

2部の展望も簡単に。
2部A
愛知東邦大、星城大、名産大、至学館大、愛産大、名経大

混戦かと思いますが星城大の躍進に期待。確実に力は増していますし、選手の獲得も積極的。山田大我捕手を中心にリーグの中心になりそう。

2部B
愛大、名商大、日福大、愛知学泉大、同朋大、名院大

1部から降格した愛大ですが、緒方投手は健在。ただ、2戦目の投手が不透明。大矢投手、田村投手らがどこまで投げられるか。他のチームも力はあるので、簡単には愛大も勝ち抜けないかも。

いよいよ明日開幕。楽しみですね。