チューリップ賞 G掘〆花賞トライアル
1着 ダノンファンタジー
2着 シゲルピンクダイヤ
3着 ノーブルスコア
4着 ドナウデルタ

ダノンファンタジーは完全に直線で前が壁になっていて、これは厳しい、という状況から外に持ち出して差し切る芸当で勝利。このメンバーでは2枚くらい上手だったという感じですね。
本番でも間違いなく本命でしょうし、桜花賞は勝てそう。道中行きたがっていた部分が距離が延びてどうなるか分かりませんが。
シゲルピンクダイヤは最後方から2着まですごい脚を見せました。底を見せてないですし、本番でも出番があるかも。
ノーブルスコアは3着続き。相手なりに結果を出すのは立派。
ドナウデルタは勝つ流れで勝ち切れなかった。2着には残したかったですね。

オーシャンS G
1着 モズスーパーフレア
2着 ナックビーナス
3着 ダイメイフジ
16着 ラブカンプー

4歳馬モズスーパーフレアが逃げ切り勝ち。強いですね。高松宮記念でも人気になりそう。中京1200mで逃げ切れるかは微妙ですが。
ナックビーナスはこれでこのレース3年連続2着。地力は確か。こちらも高松宮記念で人気になるかな。
ラブカンプーは秋の使いづめの影響なんでしょうね。夏競馬で復活出来ればいいですけど・・・。牝馬だと復活厳しいかもですね。

弥生賞 G供〇月賞トライアル
1着 メイショウテンゲン
2着 シュヴァルツリーゼ
3着 ブレイキングドーン
4着 ニシノデイジー
5着 カントル
7着 ラストドラフト

雨で重馬場の競馬。これ、本番で判断が困るレースですね。
重上手ってので、クラシックも雨になると面白くなるかもですが・・・。
2着のシュヴァルツリーゼはキャリア1戦で2着。この馬は面白そう。
人気の3頭は4着5着7着。重のせいにしていいのかどうか。
今年の牡馬ってレベル低そう(往々にして前年のレベルが高いと翌年は低くなる傾向ですがね)な気がします。