3月3日に中部大Gで行われた中部大−名古屋大のOP戦の観戦記です。
名古屋大の松田投手が見たくて球場に足を運びました。投げてくれて良かったです。
天気は元々雨予報でしたが、なんとか昼までは持ってくれて良かった。

名古屋大
000110000|2 H7 E0
000001000|1 H2 E1
中部大

名古屋大
松田(5)、小室(4)−井上
中部大
野村(2)、高山(3)、片塩(2)、宮本(2)−城野、高橋
※()はイニング数

スタメン
名古屋大
8鈴木 4大沼 9岩崎 2井上 7森 3高橋 D遠山 6渋谷 5竹田
中部大
6牛島 7梶田 8平沢 3大高 D森 9森本 5國谷 2城野 4辻

(試合経過)
4回表、無死1,3塁から3番岩崎の内野ゴロの間に1点。名大が先制。1−0
5回表、2死1,3塁から9番竹田のタイムリー。2−0
6回裏、1死から3番平沢がソロホームラン。2−1
名古屋大が逃げ切りました。

名古屋大は注目の松田投手が先発。1年前に見た時は知らなかったのですが、江南高校時代はバレー部に所属。(中学以前は野球をやっていたそうですが。)そんな異色の彼が野球太郎にも名前が載って注目されるように。
ピッチング内容は初回、2回に1安打5四死球と荒れ荒れ。ただ、そこをいずれもゲッツーでしのいでから、3回からはピッチングが一気に安定し、3イニングをパーフェクト。5回を被安打1、四死球5 三振2 失点0という結果でした。MAXは141kmを記録。
立ち上がりを含めて、安定感に少々欠く内容は課題なのですが、迫力ある球、バットを何本か折る球威は魅力があります。スカウトもチラホラ見えていて、評価は気になりますが・・・。今後がどうなるか注目のピッチャーですね。

名古屋大は2番手の小室投手は高蔵寺出身。ホームランで失点したものの、その後は四球は4つ出すも後続を断って1部校からの勝利に貢献しました。
キャッチャーの井上捕手も肩が良かったですし、守備はノーエラー。まずは2部との入替戦に挑めるように、この春頑張ってほしいですね。

中部大はエースの野村投手が先発。2回を三振3つ、パーフェクトピッチングを見せ、格の違いを見せつけました。球威は春先ですし、もう少し上がってほしいところですけど、コントロールが素晴らしく、安定感ある内容。順調に行けば1戦目を任せられるピッチャーですね。

そして先日新聞にも名前が載っていた片塩投手。2年前のOP戦で見た衝撃のピッチングが忘れられないので注目している投手なのですが、この日は素晴らしいまっすぐを披露。MAX145km。2回を2安打、3奪三振。少しひじを下げた感じですが、球威は十分。スライダーも切れのいいボールが来ていました。1部の公式戦でもいい投球をしてアピールしてほしいですね。

野手ではセンターに入っていた平沢選手(麗澤瑞浪)が良かったです。打球への反応が速いですし、打ってもホームランでパンチ力も披露。新2年生ですし、今後メンバーに入ってくるくらいの活躍を期待したいですね。

中部大は本来のレギュラー格の選手は出ていなかったようで、新2,3年生が中心。ただ、それでも2安打はちょっと寂しい内容でした。
リーグ戦は1ヵ月後。どう仕上げていくか注目ですね。