1月20日にパロマ瑞穂球場で行われた第1試合、小林クリエイト−豊田鉄工の観戦記です。
小林クリエイトは1勝差でGTRニッセイを追っているので負けられない試合。豊田鉄工は大応援団をバックにいい試合を見せられるか。

小林クリエイト
001001000|2 H5 E1
10101000X|3 H9 E0
豊田鉄工

小林クリエイト
青島、神谷、杉田−葛西
豊田鉄工
村松−堀田

投手成績
小林クリエイト
青島 3回 63球 被安打5 四球2 三振2 失点2
神谷 3回 46球 被安打3 四球2 三振3 失点1
杉田 2回 22球 被安打1 四球0 三振0 失点0
豊田鉄工
村松 9回 138球 被安打5 四死球4 三振6 失点2

村松投手は愛知工−中部大出身。大学の時に見て以来愛知工の頃にも見ていて、思い出深いピッチャー。この日はランナーは出すものの、要所を締めるピッチングが光りました。

(スタメン)
小林クリエイト
8浜崎 D小松 4柿元 9大西 5近藤 6小杉 2葛西 3山口 7坂ノ下→H古瀬→7竹内
豊田鉄工
8森亮 4村田 6森元 3小川 7工藤 2堀田 9今村 5井上 D奥村

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番小川がタイムリー。豊田鉄工が先制。
3回表、1死1、3塁から2番小松のショートゴロの間に1点。1−1
3回裏、2死2塁から5番工藤がタイムリー。豊田鉄工が勝ち越し。2−1
5回裏、無死3塁から3番森元の犠牲フライ。3−1
6回表、2死1塁から4番大西のタイムリー2ベース。3−2
豊田鉄工が逃げ切りました。
元々豊田鉄工はお客さんがたくさん入っていたのですが、この日は小林クリエイトも多く応援が来ていて、いい雰囲気の中での試合でした。

ポイントは初回、2死3塁で4番小川選手を迎えた場面。小川選手が当たっているだけに敬遠もありかな、と思っていましたが、勝負して小川選手がタイムリー。もちろん打った小川選手が見事だったのですが、ちょっともったいない場面だった感じもします。青島投手(愛院大)と小川選手(愛大)は同学年。大学でも対戦経験あったでしょうし。

先日マウンドに上がっていた葛西選手はこの日はキャッチャー。そつなくこなしてさすがでした。

豊田鉄工は工藤選手(名城大)が3安打。ようやく軟式に慣れてきたのかもしれませんね。小川選手が当たっているだけにその前後が打てば点になる。この日は2番の村田選手も長打を含む3安打で得点に絡んでいました。

小林クリエイトは痛い敗戦となりました。一方豊田鉄工はこれで3勝目で五分に戻しました。初出場で大健闘ですね。今後も楽しみです。