長与千種さんが作ったプロレス団体、「マーベラス」の名古屋大会に行ってきました。

本日のカード
IMG_20190113_153043


すごく演出を頑張っていて、モニターも大きい上に画質もきれい。しっかりとお金をかけていますね。
選手のコールは長与さん自らがやっています。てっきりDJ風でしたので、どこかのDJがやっていると思いました。

Bリーグっぽい雰囲気。名古屋という、どちらかと言えば地方にあたる興業でこういう雰囲気でやってくれるのはうれしいですし、これがスタンダードとしてくれると、見に行く方はうれしい。ただ、現実的にはどこでもというわけにはいかないと思うので、どう折り合いをつけるのかがカギでしょうね。スポンサーをたくさんつけていました。こういうのは長与さんの知名度を上手く活かしてのことなんでしょうけど、頑張っているな、と感じます。
DSC_0077
DSC_0078
DSC_0079


メインの彩羽匠−高橋奈七永戦は素晴らしい試合でした。20分1本勝負なので、引き分けになるかと思いましたが、しっかりと決着をつけたあたりに凄みを感じました。
マイクは2人のドラマもあって泣きそうになるくらい。高橋奈七永選手は40歳ですが、身体は以前よりも引き締まって、節制しているのが伝わってきます。
DSC_0082
DSC_0085


1試合目のマーベラス新人3人VS高瀬、中島、本間組も印象に残りました。神童ミコト選手は小さいですが、動きが抜群で、ドロップキックの切れが素晴らしい。
相手の中では高瀬選手が目立ちました。とてもデビューして2年と思えない。セコンドでもしっかりと仕事をしているところがすごいと思いましたね。

出ている選手が仕事を出来る選手が多いな、と感じるのも特徴。新人が伸びてくるとより楽しみな団体になりますね。