平成最後のグランプリ競走「第63回有馬記念」(G1、芝2500メートル)が23日、中山競馬11Rで行われ、池添謙一騎手騎乗のブラストワンピース(牡3=大竹厩舎)が優勝。3度目の挑戦でG1初勝利となった。3歳馬の優勝は一昨年のサトノダイヤモンド以来2年ぶり。(スポニチアネックスより)

強い3歳馬。出走馬唯一の3歳ブラストワンピースが有馬記念を制覇しG1初制覇。池添騎手が見事でした。外国人騎手のG1レースの連勝も止めましたし、これで有馬記念は4勝目。素晴らしい成績ですしさすがですね。
ブラストワンピースはクラシックレースでも人気する素質馬。

レイデオロは2着。連を確保したのはさすが。天皇賞秋からJCパスした馬は有馬勝っていなかったんですけど、その通りの結果に。

3着はシュヴァルグラン。こちらもさすがですね。秋3走目でしたし、外枠を嫌いすぎたかな・・・。

強い3歳馬、2着はサイン馬券のレイデオロ。簡単馬券のはずが・・・。シュヴァルグランを買えなかったorz

オジュウチョウサンも9着なら健闘ですね。挑戦は立派でした。

来年も3歳世代が競馬の中心になりそう。楽しみですね。