DSC_0142
全日本プロレスの名古屋大会を見てきました。

毎年年末恒例の最強タッグリーグ戦。その公式戦が3試合組まれました。

一番のお目当ては関本、秋山組。秋山選手の動きの良さが目立ちました。最後、大技を立て続けに食らって敗戦となりましたが、それを受けきるだけの力を維持しているのが素晴らしいと思います。
社長をしながら、というのもすごいですよね。

セミに近藤−岩本の世界ジュニア戦が組まれました。王者の近藤選手に対し、真っ向から勝負を挑んで上回った岩本選手は素晴らしかったですね。この日のベストバウトですし、こういう選手がいることは、今後に向けても楽しみになります。
近藤選手は若いころを知っているだけに、動きは落ちたな、と思います。それでも頑張っているんですけど。

今はバチバチ音を出して技を見せるのが主流なのですが、全日本はあえてそれをやっていないように感じました。個人的には昔からあるプロレスを守っていて好感が持てますね。お客さんも良く入っていましたし、このまま上向いて行くといいのですが。