11月25日に愛産大Gで行われた強化リーグの愛産大−愛教大の観戦記です。
3部の愛教大はなかなか見る機会がないチーム。どんな試合を見せるかに注目して観戦しました。

愛産大
000121110|6
001000000|1
愛教大

愛産大
飯田、池田−井上、森田
愛教大
神谷浩、浅野、坂神−岩谷、水野

愛教大の神谷浩投手は右のオーバーハンド。知立東出身の1年生。まっすぐはそこそこ速い。結構力があり、今後が楽しみなピッチャー。
坂神投手は右のオーバーハンド。瑞陵高校時代は強肩のキャッチャーでした。大学でピッチャーに転向したようですが、まっすぐは球威がありました。変化球が安定してくると上にも通用する投手になれるかもですね。

(試合経過)
3回裏、1死1、3塁から2番伊藤懸がタイムリー。愛教大が先制。
4回表、2死2塁から7番宮郷がタイムリー。1−1
5回表、1死満塁でピッチャー交替、坂神。4番池田が2点タイムリー。3−1
6回表、2死3塁からワイルドピッチ。4−1
6回表終了時に球場を後にしました。

試合は愛産大が勝った模様です。
愛産大はBチームかと思われます。目立っていたのは7番の宮郷選手。1安打2四球で2点に絡む活躍。
2番手の池田彪投手は外野手登録の選手。結構こういう選手が伸びたりするので頑張ってほしい。

愛教大は神谷投手、坂神投手が力のある球を投げて目立っていました。2番の伊藤懸選手が唯一の打点。天白出身の1年生。守備でも好プレーがありました。

キャッチャーの岩谷選手が1安打1死球で出塁するも、腰を痛めて交替。それが微妙に響いた気がします。しっかりと治して春には万全にして頑張ってほしいですね。

愛教大は良く声も出て、雰囲気が良かったです。来年は3部で勝ち上がれるように期待したいです。