中日の2018年の指名
1位 根尾内野手 大阪桐蔭
2位 梅津投手 東洋大−仙台育英
3位 勝野投手 三菱重工名古屋−土岐商
4位 石橋捕手 関東第一
5位 柿越投手 山梨学院
6位 滝野外野手 大商大−大垣日大

根尾選手が4球団の競合で取れたのは良かった。中日が育てられるかが課題ですが・・・。

現状はショートに京田がいるので、セカンドかな。まずは下でショートやらせるのが無難な気はしますが。

2位の梅津投手はポテンシャルは東洋大の3人の投手(上茶谷、甲斐野)の中でも1番ということですし、未完の大器を育てられるか。

3位勝野投手は地元指名。ちょっとこの秋調子落としているって聞いたので心配していましたが、指名あって良かった。高校時代も見ている投手なので、頑張ってほしいです。

4位は高校生捕手。打てるキャッチャーということで楽しみですね。世代的には高校生捕手は必要だと思いますが、出番がどれだけ確保できるか。中日の育成姿勢がどうなるかですね。

柿越投手は左の大型左腕。根尾とは中学のチームメイトということで、その点も心強いでしょうね。

滝野外野手は大垣日大出身。大学で見ています。これも地元枠ですね。かなりリーグでヒットを打ったそうなので、プロで活躍を期待したいですね。

総じていいドラフトだったと思います。強いて言えば、左の即戦力左腕が欲しかったと思いますが・・・。

何にしても、中日の課題は育成力。ここからが大事ですね。