10月14日にパロマ瑞穂球場で行われた東海学園大ー愛知学院大の2回戦の観戦記です。
優勝も最下位も関係ない消化試合でしたが、4年生引退と来年を見据えた選手起用がありました。
2回裏からの観戦です。

東学大
010000000|1 H8 E3
03000000X|3 H11 E0
愛院大

東学大
高木、稲葉、浜口−村上、塩坪
愛院大
佐藤、白木−湯川

高木投手は名市工出身の1年生。高校の時に見ていますが、その時は荒れ球の速球派という感じでした。この日はまっすぐがそんなに走ってない感じでしたが、2回の終わりから3回にかけて、インコースのまっすぐが良くなりました。立ち直った経験を活かしてほしいですね。
佐藤投手も序盤ボールが来ていない感じでしたが、4回くらいから良くなりました。

スタメン
東学大
5三村 8近藤 3佐藤 9名古路 6野浦 2村上 7吉田悠 1高木 4村口
愛院大
5岡 6井本 3加藤 7鷲見 9西平 4水野 8米山 2湯川 1佐藤良

(試合経過)
2回裏、2死満塁から1番岡の2点タイムリーエンタイトル2ベース。更に2死満塁から3番加藤のタイムリー。愛院大が逆転。3−1
東学大が勝ちました。
東学大は高木投手が先発。1年生ですが、期待されているんでしょうね。2回で替えるかな、とも思ったのですが、3回まで投げさせていいイメージを作れたのは良かったかな、と思います。
東学は今期、多くの投手を小刻みに使って、負担を減らしつつ経験を多く積ませた印象です。来年につながってきそうですし、楽しみですね。

愛知学院大は、1番の岡選手が8回に微妙な当たりがヒットと判定されて、スタンドが大盛り上がり。どうも首位打者がかかっていたようですね。これで確定だったのかな?うれしいでしょうね。逆転の1打も岡選手でしたし、見事な活躍でした。
実質消化試合の中で、佐藤投手が先発。8回まで投げました。来年に向けて、期待の表れでしょうね。エースの後藤投手、十河投手が抜ける中、柱になってほしいピッチャーでしょう。頑張ってほしいですね。