日本相撲協会に退職届を提出した元横綱・貴乃花の貴乃花親方(46)=本名・花田光司=が25日、都内で引退記者会見を行った。
 黒いスーツに黒いネクタイで顧問弁護士、担当弁護士と共に現れた貴乃花親方は、退職届を提出した理由について、「(3月に内閣府に提出した)告発状を事実無根を認めないと、親方を廃業せざるをえないという要請を受けた。私は書面で告発状は事実無根ではないと説明してきたが、それを認めないと廃業せざるを得ないという要請を受けた。また一方で、日本相撲協会は、全ての親方はいずれかの一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)に所属することになった。このままでは私はどの一門に所属することもできません。弟子たちも安心して相撲を取ることはできない。断腸の思いではございますが、貴乃花部屋に所属している力士・床山、世話人の千賀ノ浦部屋への所属先の変更願いも提出しました。私、貴乃花光司は年寄を引退する旨の届けを提出いたしました。これが最善の策だと思い、苦渋の決断に至りました」と語った。(スポーツ報知より)

正直、貴乃花親方も頑な過ぎたとは思う。もう少しやりようがあったとも。ただ、この人は現役の頃からこういう部分はあったので、仕方ないとは思いますし、間違ったことはしていない。この部分は強みですよね。

教会は正直追い込んだところで辞めないだろ、とタカをくくっていたと思います。でもこういう形で表に出された以上、今後は逆風になるでしょうね。やり過ごすしかないでしょうが。
でも、色々爆弾を持っているのは貴乃花の方ですし、捨て身の相手には分が悪いでしょう。

人気がピークで八角さんもおごっていたんだと思います。さて、これからどうなりますか。生温かく見守りましょう。

プロレスだったら新団体が出来る流れですね(笑)。