9月9日にパロマ瑞穂球場で行われた第3試合、中部大−愛院大の2回戦の観戦記です。
愛院大先勝で迎えた2回戦。勝ち点を落とすと最下位の心配が出てくる対戦でしたので、負けられない一戦。
4回終了までの観戦記になります。

中部大
110000000|2
30000001X|4
愛院大

中部大
山内−松瀬
愛院大
佐藤良−与那覇

山内投手は初回、ボールが走ってないな、と感じる投球でした。それでも2回以降は良く立ち直りましたが。
佐藤良投手はまずまずの出来だったかな。3回4回は打たせて取るピッチングが出来ていました。取るべきアウトは取れてた印象。

中部大
4小林 7早川 8上坂 9稲生 3中川 5下村 6野原 2松瀬 1山内
愛院大
8福本 4渡邊 6井本 5岡 9西平 3加藤 2与那覇 7齋藤 1佐藤良

(試合経過)
1回表、2死1塁から4番稲生のタイムリー2ベース。中部大が先制。
1回裏、2死2塁から4番岡がタイムリー3ベース。2死1、3塁から6番加藤がタイムリー。7番与那覇もタイムリー。愛院大が逆転。3−1
2回表、2死2、3塁から1番小林がタイムリー。3−2
4回終了時に球場を後にしました。

試合は愛院大が勝って連勝で勝ち点を獲得。
中部大は元気がないな、と感じる試合。もちろん負けているからそう感じるんでしょうけど・・・。
データを見ると2回までに3本のヒットが出たのですが、そこからノーヒット。かみ合っていないといえばそうなんでしょうけど、投打のかみ合わせも悪いし、正直入替戦へピンチですね。
何にしても、野村投手、山内投手の先発がまずはしっかりと抑えてチームに勢いを取り戻させてほしいです。

愛知学院大は貴重な連勝で勝ち点。この日は初回に打線がつながったし、何より1戦目で勝った後藤投手の復活がでかいですね。そうすれば佐藤良投手にもプレッシャーが少なくなり、この日の勝利につながるという好循環になる。
とにかくあと1つ勝ち点が欲しいところだと思いますので、この勢いを維持して次の名城大戦に臨んでほしいですね。