9月3日に長良川球場で行われた第3試合、中部学院大−岐阜経済大の観戦記です。
岐阜経済大先勝で迎えた2回戦、優勝を狙うには序盤ながらどちらも負けられない試合となりました。

中部学院大
020200001|5 H6
000000000|0 H9
岐阜経済大

中部学院大
宮前−高坏
岐阜経済大
山口、濱田−佐藤健

宮前投手は右のオーバーハンド。津幡出身の4年生。まっすぐはなかなか速い。ランナー出してからの粘りが良かった。
山口投手は左のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。大垣日大出身の1年生。カーブに特徴あり。左でこれだけ投げれれば、今後も楽しみ。
濱田投手は右のスリークォーター。まっすぐはなかなか。

中部学院大
8福尾 6結城 9武藤 3廣部 5中山 D高見 7新井 4藤澤 2高坏 P宮前
岐阜経済大
6山下翔 5喜友名 4小濱 8佐藤謙 3立川 D山下海 9沼尻 2佐藤健 7安藤 P山口

(試合経過)
2回表、2死2塁から8番藤澤のタイムリー、9番高坏のタイムリー2ベース。中部学院大が2点先制。
4回表、無死1、3塁から8番藤澤がタイムリー。ここでピッチャー交替、濱田。1死満塁からホームゲッツーを狙って1塁送球が悪送球になり2塁ランナーが生還。4−0
5回終了時に球場を後にしました。
試合は中部学院大が勝って1勝1敗にしました。
5回まで見ていたのですが、岐阜経済大は3回以外は毎回ランナー。最終的にもヒット数は上回ってますし、かみ合わなかったという試合ですね。
1年生左腕の山口投手はカーブに特徴があって緩急を使えるタイプ。まだまだ伸びそうな雰囲気。

中部学院大は春に猛威をふるっていた廣部選手が見ていた中では3タコ。タイミングもあっていない感じでした。
8番の藤澤選手(菰野2)が2打数2安打2打点の活躍。素晴らしかったですね。
1戦目を落としたので、この試合を取ってタイに。勝ち点を取って岐阜聖徳大に離されないようにして行きたいでしょうね。3戦目は注目です。