8月29日に一宮球場で行われた埼玉アストライア−愛知ディオーネの感想です。

埼玉
0101003|5 H12 E0
0000000|0 H3 E0
愛知

埼玉
塩谷、磯崎、山崎舞−今井
愛知
堀田、森−寺部

愛知は痛いホームで連敗。
2回に1死1,2塁、3回に1死1,3塁、5回に1死1,3塁。ここで得点出来なかった。流れが悪い時はそんなもんですけど、5回裏に先頭が出てからの送りバントはなぁ。昨日と同じ理由ですけど、2点以上開いてる終盤で、だと勝つ流れにならないですよね。

埼玉は8番岩見選手が大活躍。2打数2安打で2本ともタイムリー2ベースで2打点。素晴らしかったですね。
あと5番の今井選手も7回に無死満塁でホームゲッツーの後に2点タイムリー2ベース。得点できないと最後に相手に流れが行きそうなところでしたので、大きなヒットでした。

愛知の森投手は先日MAX128kmを出したと話題になっていましたが、この日はいい当たりを多く打たれました。どうもスピードにこだわるあまり、見やすいフォームになっている印象ですね。スピードも大事ですが、いかに打ちにくくするかが重要ですので、色々工夫していってほしいです。