8月14日に刈谷球場で行われた第3試合、豊野−一色の観戦記です。
豊野の新チーム公式戦は初観戦。夏に一色を見た時に齋藤投手が良かったので、彼が投げるかにも注目して観戦しました。

豊野
000010030|4 H4 E0
000000401|5 H11 E2
一色

豊野
坂部、清家−佐藤
一色
森、齋藤−羽柴

投手成績
豊野
坂部(1) 7回 106球 被安打9 四球0 三振9 失点4
清家(4) 1回0/3 19球 被安打2 四球0 三振0 失点1
一色
森(1) 8回 124球 被安打4 四死球3 三振7 失点4
齋藤(11) 1回 8球 被安打0 死球1 三振1 失点0

坂部投手は右のオーバーハンド。かなり調子が良く、無四球、奪三振9個は見事。まっすぐはそんなに速くないのですが、相手がそのまっすぐを変化球のように空振りをする。スタンドからだと分かりませんがクセ球なのかもしれません。
清家投手は右のサイドハンド。まっすぐは速くない。ストライク先行だったのですが、そろえ過ぎた印象。
森投手は左のスリークォーター。まっすぐはそんなに速くない。内外を広く使って要所で三振を取っていました。

スタメン
豊野
6藤澤 1坂部 7松本 5永田 2佐藤 3井口 4清家 9奥村 8成田
一色
5朝岡 4阿南 7齋藤(11) 2羽柴 6河合 1森 8中根 9竹下 3中嶋

(試合経過)
5回表、1死2、3塁から7番清家の犠牲フライ。豊野が先制。
7回裏、無死2塁から5番川合がタイムリー3ベース。6番森のタイムリー。逆転。2死2、3塁から1番朝岡、2番阿南の連続タイムリー。4−1
8回表、1死満塁から2番坂部が2点タイムリー。2死2塁からタイムリーエラーで同点。
9回裏、無死3塁から8番杉田のタイムリーでサヨナラ。一色が勝ちました。
豊野は坂部投手が素晴らしいピッチング。何度か彼の投球は見ていますが、ここまで良かったのは初めて。何より無四球が素晴らしい。打たれたのはカウントを取りにいく球。そこまではしっかりと打たせられていたので、仕方ないと言えば仕方ないのですが・・・。
7回裏、逆転されて尚も1死2,3塁のところで9番を三振。1番朝岡選手を迎えるところで、キャッチャー、もしくはベンチから間を取ってほしかった。1番2番、どっちかでアウトを取ればいいよ、と。大事な場面でしたし、その一言があれば初球の入りを考えられたと思いますしね。

豊野は井口選手を初めて見れました。至学館にいた井口選手の弟さん。体格もいいですし、やっぱり期待してしまうのですが、スイングがおっつけ気味。もっとフルスイングで引っ張りでいいので強いスイングをしてほしいですね。

8回表、1点差に追いついて1死1,3塁で1塁ランナー3塁ランナー同時スタートで憤死。謎な采配でしたが、もったいないプレーでした。結果的に痛かった。

一色は外野守備等見ていてもレベルの高い野球が出来ていました。てっきり夏に投げていた齋藤投手がエースかと思いましたが、森投手がエースナンバー。ただ、森投手もいいピッチングで結果を残していました。同じ左でもタイプの違う投手ですから、こういうピッチャーが出てくるとチームとしても大きいですね。

代打で7回に出てきた杉田選手が2打数2安打。7回はチャンスを拡大。9回はサヨナラヒット。素晴らしい活躍でした。

8回表の3点リードで1死満塁で前進守備を取ったのはちょっと謎でした。そこまでは的確だっただけに。ピンチの時こそ冷静な守備位置を期待したいですね。

齋藤投手はやっぱり楽しみな左腕。また見たいです。