7月8日にパロマ瑞穂球場で行われた稲沢−新川を録画出来たのでTV観戦記です。

稲沢
000003000|3 H9 E1
11210400X|9 H13 E1
新川

稲沢
芦原、野村−早川
新川
大島−山上

投手成績
稲沢
芦原(1) 6回 131球 被安打11 四死球8 三振4 失点9
野村(5) 2回 31球 被安打2 四球0 三振0 失点0
新川
大島(1) 9回 115球 被安打9 四球2 三振3 失点3

芦原は右のオーバーハンド。まっすぐは速くない。変化球多めでなんとか試合を作った。
野村投手は右のオーバーハンド。1年生。まっすぐはあんまり速くない。四球なしでしっかりと抑えたのは立派。
大島投手は右のオーバーハンド。ひじが遅れるタイプ。まっすぐはぼちぼち。打たせて取るタイプ。

スタメン
稲沢
5宇野(6) 8高場(7) 1芦原 2早川 3山田 6野村(5) 4三輪 7小川(8) 9加藤(10)
新川
8三浦 5市川 7原田(9) 9池戸(7) 3森本 6神田 1大島 4丹羽 2山上

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番池戸が3塁強襲の当たりが記録タイムリーエラー。新川が先制。
2回裏、1死1,3塁から9番山上のショートゴロの間に1点。2−0
3回裏、1死満塁から8番丹羽が2点タイムリー。4−0
4回裏、1死2塁から4番池戸がフェンス直撃のタイムリー2ベース。5−0
6回表、1死2塁から2番高場がタイムリー。2死満塁から6番野村が2点タイムリー。5−3
6回裏、2死満塁から8番丹羽が2点タイムリー2ベース。2死2,3塁からワイルドピッチで1点。2死3塁から9番山上がタイムリー。9−3
新川が勝ちました。
稲沢は11人のチーム。2人の3年生、宇野、早川選手を中心に良く戦いました。6回に3点返した場面も見事でしたが、終盤、あと1点取られたらコールド成立、というところから、9回まで戦えたことが大きな経験になると思いますね。
3本打った三輪選手やタイムリーにマウンド経験を果たした1年生の野村選手が、新チームの主力として頑張ってほしいですね。

新川は池戸選手に注目しました。2ベース2本とらしさもありましたが、もっとやれる選手だと思います。代打で出てきた大前選手が2年生で鋭い打球を飛ばしていたので、今後に期待ですね。
丹羽選手の2本のタイムリーで4打点と見事な活躍でした。