6月30日にパロマ瑞穂球場で行われた愛知県の夏大の開幕戦、松蔭−天白の観戦記です。
注目が増した天白の岡本投手がどんなピッチングを見せるか、松蔭がどこまで食らいつけるかに注目して観戦しました。

松蔭
0000000|0 H4 E2
405000X|9 H7 E0
天白
(7回コールド)
松蔭
谷本、山本−谷口
天白
岡本−浅井

投手成績
松蔭
谷本(1) 2回1/3 80球 被安打7 四死球5 三振1 失点9
山本(10) 3回2/3 49球 被安打0 四球2 三振2 失点0
天白
岡本(1) 7回 83球 被安打4 死球1 三振9 失点0

谷本投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。ボールが走っておらず、まっすぐでストライクが取れない。苦しいピッチングでした。
山本投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。コントロールが安定してストライク先行が出来ていて、これまで見たピッチングでは一番の内容でした。
岡本投手は左のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。コントロールも良く、付け入る隙を与えないピッチング。素晴らしかった。

松蔭
8伊藤玲 4戸田 1谷本 3伊藤崇 2谷口 6鳥居 5高瀬 7水野 9半田
天白
3櫻木 9山田 8湯浅 6鹿子島 4則定 5濱口 1岡本 2浅井 7伊藤

(試合経過)
1回裏、1死満塁から5番則定が2点タイムリー。1死1、3塁から6番濱口が2点タイムリー2ベース。天白が4点先制。
3回裏、無死1、3塁からセカンドゴロで2塁送球が逸れタイムリーエラー。9番伊藤がタイムリー。1番櫻木がタイムリー。無死1、3塁から2番山田のショートゴロの間に1点。3番湯浅のタイムリー2ベース。ここでピッチャー交替、山本。9−0
4回表、1死から3番谷本が右中間を破る3ベースを放つも、4番が三振、5番谷口はいい当たりの一直で反撃ならず。
結局天白が快勝。7回コールドで勝ちました。
松蔭は元々谷本投手次第のチームでしたが、その谷本が苦しいピッチング。ボールが走らず、まっすぐがコントロールできない。これでは厳しいですね。
2番手の山本投手が素晴らしかっただけに、もう少し早めの継投が出来ていたら・・・。ただ、これは難しいかな。そういう戦いをしてきていないですし。ただ、2年生に経験させるなどはしてほしかったかも。

谷本選手は打つ方で2安打。特に右中間を破った3ベースは好投手岡本に負けない打撃を見せてくれました。バッターとしてはかなりの能力があるので、上でもやってほしいですね。

山本投手は一世一代のピッチングでした。5回コールドになりそうな状況から、3回2/3をノーヒットに抑えて7回まで戦えたのは素晴らしかった。いい記念になりますね。

松蔭はなかなか夏が勝てないです。去年が豊明の大矢投手、今年が天白の岡本投手と好投手に当たるくじ運の無さもありますが、チーム力そのものが低下しています。新チームも人数が少ないので厳しい戦いになりますが、なんとかまずはいい形を作ってほしいですね。

天白は岡本投手の初球が素晴らしく、スピードガンも無いのにどよめきを誘いました。これが球場の雰囲気を作ったかなって思う試合でしたね。
秋に見て以来の岡本投手でしたが、球威も上がっていましたし、コントロールも良かった。この夏の今後の戦いが楽しみになるピッチングでした。

打つ方も鋭い打球が多かったですが、4番の鹿子島選手がヒットを打ちたいばかりにボールに手を出して凡退していたのが気になりました。まずはボールを見極めてストライクを振る、これを心がけてほしいですね。

松蔭のセカンドの戸田選手が初回に足痙攣をおこして、3回はそれが影響してのエラー。開会式直後で起こしやすい状況でしたので、かわいそうでした。