東愛知大会-EF
Eブロックのシード校は知立東。

知立東はエースの渡辺投手が力があって、まっすぐで押せるし三振も取れるピッチャーです。攻撃では足を使って積極的に攻めて、チャンスを確実にものにして競り勝つ。そんなチームです。
初戦の岡崎学園は最近力を付けてきていますが、知立東が有利かな、と思います。
日福大付はシードは逃しましたが、知多地区では春に優勝。現監督になって確実に強くなっています。エースの榊原投手は安定感があり、打線も力強さが出てきていて、今大会でも勝ち上がる可能性があるチームです。
初戦の東海商も部員数は多くない中でも、春に見た時に悪いチームではなかったので、好勝負になりそう。ちなみに知立東−日福大付は秋の県大会で対戦があり、その時は日福大付が勝利。再戦となった場合はどうなるか。
反対のゾーンは岡崎西、新城東が中心かな。
岡崎西は秋・春と県大会に出場。安定した力を持っています。ある程度組み合わせ的にも恵まれたので、初戦を上手く戦って勢いに乗りたいところ。
新城東は秋・春とも県大会を逃していますが、秋に見た時に桜丘と互角以上の試合をしていました。力はあるチームだと思いますので、こちらも初戦をいい形で戦って勝ち上がりたい。
どっちが来るかは予想が難しいですね。
ブロック決勝は知立東−新城東。ベスト8は知立東としますが、混戦です。

Fブロックのシード校は愛産大三河。

愛産大三河は秋に準優勝。春にベスト8。東愛知での実績は一番高く、本命候補の一角。松原投手、上田投手と安定感がありますし、打線も2年生が中軸に揃い、力があります。夏に向けて調子が上がっていれば、代表となる可能性は高いチームですね。ただ、ブロックとしてはなかなか厳しいところに入っています。
初戦の国府は秋・春と県大会に進み、侮れないチーム。伝統校ですし、応援もすごそうなイメージ。春に直接対決をして、愛産大三河が勝っていますが、再戦は負けた方も力が入りますからね。厳しい初戦になりそう。
その隣の幸田−東海南も個人的な注目カード。幸田は見た方にいいチームだよ、と聞いていて、みたいなと思いつつ見れなかったチーム。秋・春ともにあと1歩で県大会を逃しましたが、力のあるチームとも互角に戦っていますし、今大会でも台風の目になりそう。そう思っていました。
その相手が東海南。春に県大会に進み、実際に試合を見た時には意図を感じるプレーが多く、しっかり指導されているんだな、と感じるチームでした。その両校が当たるのは楽しみでもあり、もったいない気もあり。いい試合になってほしいな、と思います。どちらが勝ちあがっても、シード校も楽じゃないと思いますね。
反対のゾーンは半田工が中心かな。左腕の中村投手は試合を作れるタイプ。元々夏には勝ち上がるイメージがありますし、上手く初戦を乗り切れば・・・。
その初戦の豊橋西は、昨夏に速い球を投げていた田邊投手がいます。秋春は目立った結果を残していませんが、夏で奮闘してほしいですね。
このゾーンは以前強かった学校の名前が多数。豊田大谷、豊川工、福江、杜若、高浜。これらが夏に向けてどう仕上げてきているかも注目ですね。
豊野は継投で戦う形になると思います。まずは夏1勝を目指してほしいですね。
ブロック決勝は愛産大三河−半田工。ベスト8は愛産大三河としますが、混戦で波乱含みです。