東愛知大会-AB
Aブロックのシード校は桜丘。

秋にベスト4。春はベスト8。安定した戦いを見せ、東愛知では優勝候補の一角となる存在。濱田−小柳津バッテリーを中心に、吉野選手ら好選手もいます。ただ、ブロック的にはなかなか厳しいブロックになりました。
初戦の時習館が難敵。三浦投手、中岡投手は力がありますし、何より豊橋球場でやるということで、スタンドも時習館応援が上回ることが予想されます。夏の時習館は強いという定説もありますし、桜丘にとっても厳しい戦いになりそう。
その隣の刈谷北−半田も屈指の好カード。刈谷北は桑原投手を中心に、山崎、那須投手ら頭数がそろい、打線も活発。上位進出すら出来そうなチームですが、半田も新美、中谷投手を中心に、4番高橋選手はスラッガーとして目立つ好チーム。どっちが勝つか予想が難しいですし、どちらが勝ち進んでも、桜丘、時習館の勝者を苦しめると思います。このゾーンはほんとに混戦です。
反対ゾーンは知立、成章が中心かな?知立の左ピッチャー、近藤投手はなかなかの好投手。初戦をいい形で乗り切りたいですね。
成章は伝統校らしく、夏に仕上げてくると思いますが、初戦の加茂丘が、昨年夏に岡崎商にコールド勝ちしてびっくりさせたチーム。秋も人数少ないながらも、伸びる要素を感じる試合を見せていたので、初戦を侮ると怖いかも。ちょっと注目する対戦です。
蒲郡東−豊丘は春のリーグ戦では豊丘が勝利。夏の対戦はどうなるか。
ブロック決勝は桜丘−成章。桜丘のベスト8と予想しますが、波乱含みですね。

Bブロックのシード校は西尾。

春に快進撃を見せてシードを獲得した西尾。公式戦では見れませんでしたが、練習試合で見た時に納得。木下、関根両投手とも130k中盤の速球を投げて力がありますし、打線も活発で積極的。シードを取った強さを感じました。昨夏には菊華を倒してあっと言わせましたが、今年はシード校として堂々と勝ち進みそう。
ただ、隣には豊田工が入ってきました。普通にシードを取っていれば、もっと上位で評価されたであろうチーム。ちょっと横田投手次第、となりすぎている部分が、悪い方に出ないといいんだけど、と思いますが、力はありますし、横田投手が復活していれば、当然優勝だって狙えます。豊橋南は2次に進む力はあるので、初戦は面白い試合になりそう。西尾−豊田工となれば、どっちが勝ってもおかしくない試合ですね。
反対ゾーンは西尾東が中心かな。春は1次予選敗退と低迷しましたが、磯村投手、2年生の山田投手と万全ならば、優勝候補に上がっておかしくないチームです。
ある程度組み合わせ的に恵まれた印象もありますし、対抗に豊橋東が上がってきそうですが、西尾東が優位と見ます。
ブロック決勝は西尾−西尾東。西尾東のベスト8と予想しますが豊田工を含めてどうなるか、ですね。