西愛知大会-GH
Gブロックのシード校は東邦。

西愛知の本命の東邦。頭一つ抜けていると思います。扇谷、西と投手が2枚いますし、打線も石川選手を中心に強力。やや左腕に弱いところを見せていたので、初戦の瀬戸高校の井川投手は試金石になりますね。ここを叩いて勢いにのりたいところ。
3回戦は中部大春日丘が有力。ここもエースが左腕の筋師投手ですので、中部大春日丘としては接戦に持ち込みたいところですね。ただ、東邦優位は動かないかと思います。
反対ゾーンは戦力が厚い名経大市邨、緑丘には小栗投手という好投手がいて、有力校となります。
ただ期待は旭丘に。秋にベスト16まで進み、大府に善戦。小松投手はその原動力になりました。春は故障もあったようですが、夏に間に合ったようですし、チームとしても粘り強い戦いが出来るようになっていますので、OBなどの熱い声援を浴びて快進撃もありそう。
ブロックの決勝は東邦−旭丘と予想。東邦が勝ち上がるとします。

Hブロックのシード校は誠信。

春は愛産大工、星城を破ってシードを獲得した誠信。柴田投手は安定感があるので、序盤で先制して優位に戦いたいですね。
初戦はともかく、次が名電−星城の勝者とあたる可能性が高いですね。厳しい戦いになりそうです。
愛工大名電は豊明と初戦。豊明の那須川投手がどこまで名電打線を苦しめられるか。名電としても、初戦をいい形で勝って、次の2試合を迎えたいでしょうし、大事な初戦になりそうです。
名電−星城は春の地区予選でやって、名電がコールドで勝っていますが、2次の結果ですしあまり参考にはならないかな。
星城も上位にくるだけの力があるチームですので、このカードになったら面白い試合になりそうです。
一応名電有利とは思いますが・・・。名電の素質ある選手がどうなっているかも注目です。
反対のゾーンは大成が中心かな。秋、春と両方県大会に進み、再び学校としても強化しだしているって話も聞きますので、どこまで勝ち上がるか。名経大高蔵もここのところ強くなっているので、どちらが上がってくるかは注目です。
向陽−富田は好カードですね。富田は秋に天白をコールドで破った試合を見ましたが、すごい好チーム。春は県大会でエースの上村投手が登板せず。万全で夏を迎えていてほしいです。向陽も県大会には進めていませんが、2次には進んでいるチームですので、接戦になりそうです。
ブロックの決勝は愛工大名電−大成と予想。名電の勝ち上がりとしますが、このブロックも混戦ですね。