西愛知大会-EF
Eブロックのシード校は享栄。

秋から大藤氏へのバトンタッチが決まっているので、柴垣さんにとっては最後の夏の采配。頭抜けた選手はいませんが、沖山、那加両投手を中心に失点を抑えて競り勝って行きたいところ。
初戦で当たる一宮西は春に県大会に進み1勝。好投手がいると聞きますし、侮れない相手。享栄としても苦しむ可能性もあります。初戦を上手くのりきってブロック決勝まで行きたいところですね。

反対ゾーンは県大会に進んだチームが不在で、どこが勝ち上がるか予想しにくい。中村、瑞陵、小牧工あたりの争いになりそうですが、どこが勢いにのるかも注目。
秋の時点でいいボールを投げていた一宮工の柳田投手がどういうピッチングを見せるかも注目。
ブロック決勝は享栄−小牧工と予想。勝ち上がりは享栄とします。

Fブロックのシード校は愛知啓成。
現チームは安定した戦いが出来ていて、投手も高いレベルで揃っていて力があります。初戦を上手くのりきればブロック制覇は堅そうですが、初戦が難敵。
日進西とは春に対戦して啓成が勝利。しかし、楽勝ではなく、再戦となるので、余計に侮れない感じがします。
エースの長谷川投手は昨年の夏も経験していますし、4番キャッチャーの高橋選手、ショートの加藤選手は好選手。番狂わせを起こす可能性はあるとみます。面白い初戦になりそう。
3回戦には滝が有力ですが、南山の可能性も。ただ、啓成相手には苦しいでしょうね。
反対ゾーンには昭和−千種の好カードがあります。昭和の山田投手は三振を取るタイプではないですが、ボールに力があってフライアウトが多い。千種も下級生に好選手がいて楽しみなチーム。どっちが勝ってもおかしくない。
明和はバッテリーが良く、このゾーンを勝ち上がる力があるとみます。
名市工は今のチームを見ていないのですが、ここ何年かは安定して強いので、初戦で勢いにのれば勝ち上がるかも。ただ美和も秋に県大会に進んだチーム。2年生の井野投手は楽しみなピッチャーです。初戦の隠れ好カード。

ブロック決勝は愛知啓成−明和と予想。愛知啓成の勝ち上がりとしますが、公立の台頭もありそう。