5月21日に岡崎球場で行われた第2試合、ホンダ鈴鹿−山岸ロジスターズの観戦記です。
静岡のクラブチームとして出来て2年目くらいの若いチームの山岸ロジスターズがどこまでホンダ鈴鹿に食らいつけるかに注目して観戦しました。

ホンダ鈴鹿
021021000|6 H9 E1
001000000|1 H3 E1
山岸ロジスターズ

ホンダ鈴鹿
平尾、鹿沼、柳澤、主島、松本竜−柘植、西川
山岸ロジスターズ
杉山、則本、青池、坂下、柴崎−北野、天野竜

スタメン
ホンダ鈴鹿
7安慶名 8中村 D松本桃 9畔上 4金子 3庄司 6澤田 2柘植 5河津
山岸ロジスターズ
4中澤 5西 7吉田 3高橋 6城田 8板倉 D亀山 2北野 9森下

(試合経過)
3回表、2死3塁から4番畔上がタイムリー。3−0
3回裏、2死2塁から3番吉田がタイムリー。3−1
5回表、無死1、3塁から4番畔上がタイムリー。更にゲッツー崩れで1点。5−1
6回表、1死1,3塁から4番畔上のライト前に落ちる当たりで1塁ランナーが2塁アウトになるもランナーが生還。6−1
ホンダ鈴鹿が勝ちました。
ホンダ鈴鹿は平尾投手が先発。ピリッとしない感じもありましたが、無難に5回1失点のピッチングでした。そこからは試す感じの継投に。柳沢投手がいいボールを投げていました。
打つ方は畔上選手が3打点と4番らしい活躍。ただもう少し点を取ってほしかった気もしますが・・・。

山岸ロジスターズの健闘が光りましたね。守備ではミスは少なかったですし、3回は2死から2番に西選手がヒットで出て盗塁。そして吉田選手のタイムリーと、少ないチャンスを活かしました。
投手もまずまずの球を投げていましたし、これからもっと強くなっていきそうな感じ。静岡出身の選手が多く、これからそういう選手の受け皿になって強くなっていってほしいですね。
4番の高橋選手は2ベースもあり、エラーもありましたが好守が目立ち好選手でした。