4月15日に瑞穂球場で行われた中部大−愛知大の2回戦の観戦記です。
愛大の先勝で行われた2回戦。なぜか2回戦先発に回った中部大の今井投手に注目して観戦しました。

中部大
000140600|11 H12 E0
301000000|4 H12 E0
愛知大

中部大
今井、山内、大橋−松瀬
愛知大
春藤、川村、田村、榊原−観音寺

今井投手は本来ならエースなので第1戦に先発するはず。それが2戦目に回っていたのでどうしてかな、と思ったら、投球を見て納得。まっすぐはスピードそのものはあるもののばらつく。変化球が抜ける。結局降板までの4回途中までで被安打7、四球6、4失点。良く4点で済んだという内容。登板前から次のピッチャーが準備していたので、おかしいな、とは思っていたのですが・・・。
山内投手は右のオーバーハンド。いなべ総合出身の2年生。かなり球威があってちょっとびっくり。愛大打線の勢いを完全にストップして流れを呼び込みました。
春藤投手は左のオーバーハンド。毎回のように先頭バッターを出すために、なかなかリズムに乗れない。粘って4回まではホームランの1点で踏ん張っていましたが・・・。
川村投手は右のサイドハンド。ボール先行では厳しい。
田村投手は左のスリークォーター。この日は変化球でストライクは入ったものの、ボールが全体的にバラバラで構えたところになかなかこないので苦しいピッチングに。

中部大
8上坂 5西脇 7武市 9稲生 D中川 6下村 4風岡 3野原 2松瀬
愛知大
8中村 6長谷部 5阿部 3服部 D安田 2観音寺 4加藤 7貞清 9今村

(試合経過)
1回裏、1死2、3塁から4番服部が2点タイムリー3ベース。1死1、3塁から6番観音寺が犠牲フライ。愛大が3点先制。
3回裏、2死1、3塁から9番今村がタイムリー。4−0
4回表、先頭の中川がソロホームラン。4−1
4回裏、2死1、3塁でピッチャー交替、山内。
5回表、1死満塁から4番稲生が2点タイムリー。ここでピッチャー交替、川村。5番中川がタイムリー2ベース。2死2、3塁から代打内山がタイムリー。中部大が逆転。5−4
6回表、無死1、2塁でピッチャー交替、田村。ここは田村が踏ん張ります。
7回表、無死満塁から9番松瀬が2点タイムリー。1死満塁でピッチャー交替、榊原。3番武市が走者一掃の3点タイムリー2ベース。ここで球場を後にしました。
試合はそのまま中部大が勝って1勝1敗のタイに。
中部大は今井投手が誤算。というか、元々不安があった中での先発だったんでしょうね。
良く4回まで引っ張ったな、という内容でした。そんな中リリーフした山内投手が素晴らしかった。この日は連投だったようですが、全くそんなのを感じさせない、勢いのあるまっすぐと変化球で愛大打線を打ち取って流れを作りました。
打つ方は5番の中川選手(享栄、2年)が見事なホームランに同点2ベース。同点の2ベースは高校時代のチームメイト、川村投手から放ちました。武市選手、稲生選手と続く打線は破壊力があります。投手陣が今一つなので、打線がどこまでカバーできるかが、中部大の今後のカギになりそうです。

愛大は、投手陣の不安がやはり現実としてあります。1戦目は緒方投手がいます。で、2戦目は継投でしのぎたいところですが、投げるピッチャーが全てコントロールに不安を抱えている状態。継投のタイミングも正直いいとは言えないですし、後続の投手に負担がかかってしまう場面が多すぎます。これでは厳しい。
とにかく早め早めの継投で後ろのピッチャーが投げやすい状態を作ってほしいですね。

愛大打線は好調。この日も12安打放ちました。5番の1年生の安田選手(須磨翔風)は1年生から出ているだけあってかなり楽しみな選手。愛大打線を支える選手になっていってほしいですね。
9番に入った今村選手がタイムリーを含むマルチヒット。こういう選手が9番にいると相手にとっても脅威になりますね。