3月4日に名古屋大Gで行われた名古屋大−三重大のOP戦の結果です。
簡単な感想のみ。

名古屋大
000100001|2
00240000X|6
三重大

名古屋大は3投手、三重大が2投手が投げましたがそれぞれレベルが高い投球でした。

名古屋大の先発の松田投手は江南出身の3年生。3回から突然崩れたので課題はあるのですが、左のオーバーハンドからびっくりするくらいの球が時々きます。その割合をいかに増やすかですが、また見てみたい好投手でした。
三重大は先発の福西投手が安定した投球を披露。こちらは大崩れをしないタイプですね。3年生。

三重大は多彩な攻撃を披露。1番の渡邊選手が俊足を活かしてバントヒット2本を含めて3安打の活躍。目立っていました。三重リーグで上位争いをする力を持っているな、と思えるチームですね。

名大は4番の森選手がホームランを含む2安打の活躍。バント失敗などの拙攻も目立ったので、チームとしてどういう攻撃をして点を取るかはこれからの課題ですね。

国立大ですが、いい選手もいて楽しい試合でした。