先週末、競馬のクラシックのトライアル、チューリップ賞と弥生賞が行われ、どちらも前年の2歳王者、ラッキーライラックとダノンプレミアムが快勝。いずれも4戦4勝としました。

一言、強い。今年のクラシックの本命は決まったかな、という内容。しかも出てきた馬も弱くない組み合わせでしたし・・・。
後は多頭数、新規対等馬がどのくらいいるか、という感じですね。

男馬の方がまだ出てくる可能性はありそうですが・・・。

今年は無敗のクラシックホース誕生、三冠馬、といったニュースが出そうですね。楽しみです。